時事

2010年11月21日 (日)

国会議員の言葉狩りの茶番劇

柳田法務大臣の地元の支援者の集まりでの発言が問題にされている。正直な本音の発言である。ある意味では自虐的な、皮肉を込めた、受け狙いの発言でもある。

この発言を支持するわけではもちろんない。しかし、問題は国会での法務大臣の答弁のはずである。こんな官僚答弁はけしからん、もっと真摯に、自分の言葉で語れ、というのが問題の本質ではないだろうか。地元で受け狙いで言った半分ジョークが問題なのではない。

であれば、追及する野党自民党が政権をとっていたときの法務大臣たちの答弁はどうだったのか。同じく、「個別の事案には応えられない。」「法と証拠に基づいて適正にやっている。」と答えていたではないか。どこが違うのか。

違うわけがない。なぜなら、官僚のシナリオに従って法務大臣が答弁する構図は変わっていないからである。官僚任せにすれば、大臣はこのような答弁になるのは必然であるから、自民党政権時代も、管政権時代も、官僚任せは本質的には何も変わっていないということを証明したに過ぎない。

その自民党が柳田法務大臣を攻撃する資格があるのか。天に向かって唾する行為であって、笑ってしまう。

と同時に、悲しくなる。野党はこんな言葉狩りしかできないのか。本当に攻めるなら、自民党時代の法務大臣はこのような発言はこんなにはしていない、と数で証明し、しかも、その発言も真にやむを得ない場合だったと、説明すれば、真に切り結んだ対決になる。。その自信がないから、調査もしないのだろう。

仙石官房長官の「暴力装置としての自衛隊」発言も問題にされている。私たちの学生時代には普通に使われていた表現だった。つい、昔の言い回しが出たわけだが、実力装置である自衛隊に対して神経を使わなければいけないという戒めとしては間違いではない。

それを、一本とったというようにはしゃぐ自民党の質の低さにはあきれかえる。

同時に、それに対して右往左往している民主党の底の浅さにもあきれかえる。もっと毅然として対処できないのか。

国会で対決すべきはこのような次元ではない。もっと本質的なところで対決し、議論を深めるべきだ。それができないということは、両党には本質的な違いがない、言葉尻をあげつらうことしか対決できないということなのか。

たしかに、いまの民主党は、というか、管政権は、自民党と変わらない、変えようともしていないことがようやく見透かされてきた。だから支持率が低下するのは当然だ。首相になることしかビジョンがない管首相。ペーパーを見ながら中国トップと会見するというのも、相手に失礼な話である。

国会がこんな言葉狩りの場になっていいのか。国会は、表現の自由が尊重されるべき最たるところである。揚げ足取り、言葉狩りに終始するような国会は国会でない。

そのことをメディアが自覚しているのか。野党と一緒になって、言葉狩りの片棒を担いでいることに早く気がついてほしい。それはメディアにとって自殺行為である。

|

2008年12月21日 (日)

川辺川ダム休止

「川辺川ダム休止」の大見出しが昨日の夕刊紙のトップを飾った。「知事反対で事業費盛られず」との小見出しが続く。昨日内示された来年度予算の財務省原案で、ダム本体の建設を前提とした事業費が一切盛り込まれなかったのだ。

私は、今年2月、第二東京弁護士会環境保全委員会委員長として、熊本県弁護士会の委員会との合同の川辺川ダム調査に参加した。

実は、昨年5月にも法律家団体の調査に参加していた。

五木の子守唄で有名な五木村が、丸ごと移転し(1軒だけは残っているが)、いまや、個性のない同じような新築住宅が並んでいる。この村人たちの生活再建費は認められたようだが、実際にどのように具体化されるのだろうか。

ダム予定地はその隣の相良村にある。1966年に計画が浮上してから、40年を超える。長い長い、推進派と反対派のたたかいの歴史がある。

その相良村に矢上さんという若い村長が登場したのが2001年11月のことだった。矢上さんは、村長として、ダム反対を果敢に打ち出した。地元の村長の毅然とした行動で流れが変わった。

ところが、その矢上村長が2005年1月、現職のまま逮捕された。贈賄の共謀共同正犯という罪名だった。その3年前の村議会での助役選任決議に絡んで、有力議員たちが他の議員数名に10万円の賄賂を渡したということで、その事前の話し合いに村長も居たことにされたのだ。

物的証拠は何もないままに、村長は否認を貫いたために11ヶ月間も勾留された。

真相は、議員の研修旅行に餞別として有力者が議員に1~3万円程度渡す慣習があり、そのときも3万円が数人の議員に渡された事実が利用されたのであった。

しかし、関係者の自白調書がとられ、公判でも、早く保釈されたい、早く終わりたいという思いから、自白を撤回しなかったために、関係者の有罪判決が出され、控訴もしないですぐ確定した者もいた。任意取調べという名の強制的取調べから始まる自白の強要は、近くの鹿児島県志布志事件と全く同じ構図であった。

熊本地裁には刑事部がひとつしかない。同じ裁判長が関係者の事件で有罪にして、一貫して否認している矢上さんの事件で無罪にすることは事実上困難であろう。矢上さんは、執行猶予付きの有罪判決を受けた。

私は、昨年5月の調査で、矢上村長と知り合い、すっかり意気投合し、控訴審に弁護人の一人として参加することになった。それから半年余、熊本、福岡通いが続いた。

福岡高裁では、証人申請はすべて却下され、被告人質問も当初30分のみ、しかも質問項目を限定されたが、さらにもう1回1時間の時間を確保したのが精一杯だった。福岡高裁は控訴棄却、現在、最高裁に係属している。ちなみに、私は、今秋ジュネーブの国連国際人権規約委員会への行き帰りの飛行機の中やホテル、国連内のカフェーなど、合い間を見て、上告趣意書(その2)の起案に明け暮れ、帰国後まもなく提出した。

ところで、矢上さんは、勾留中、2期目の選挙を迎え、獄中立候補して見事当選した。刑事事件の被告人でありながら、地元村民は矢上さんを信頼している証であった。福岡高裁にも毎回遠くから大挙して来られ、傍聴席を満杯にして応援してくれた。

矢上さんは、今年春、相良村村長を辞し、熊本県知事選挙に立候補し、川辺川ダム反対を正面から掲げてたたかった。選挙は残念ながら落選したが、五木村、相良村、隣の人吉市ではトップの票を獲得した。

当選した今の知事は、川辺川ダム問題は半年以内に結論を出すと公約していた。そして、出した結論がダム反対。そこで、冒頭の財務省原案となったのである。

詳しくは、私の事務所のHPご参照を。矢上事件弁護団の座談会にリンクしている。

http://www.ver-law.ne.jp/topic/topic_enzai_yagami.htm

| | トラックバック (1)

2008年11月27日 (木)

最高裁新長官

昨日の朝日新聞朝刊の人欄に最高裁新長官の竹崎氏が載っていた。

司法改革のエースを登場させたようだ。

裁判員制度施行3年後の見直しにも対応できるような長期の布陣ということだ。

対する日弁連も、それに対応する布陣が求められているといことだ。

最初が大事。

どのように裁判員制度をスタートさせるか、

そして、次なる見直しに向けて、どのような布石を打っていくか。

いま日弁連に求められる役割は大きい。

制度が固まる前に、固まる過程で、積極的に影響力を行使する必要があると思う。

今ならできる。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

時事 | 私の原点 | 裁判員制度