« TOC条約締結で犯罪人引渡を受けられるか | トップページ

2018年6月17日 (日)

『共謀罪コンメンタール』新発売

共謀罪法が昨年711日施行されて、1年になろうとする。その間、1件も適用例はない。

この法律を読み解き、政府答弁の通りに解釈すれば、会社、市民団体に適用される余地はないが、あいまいな条文であるために、濫用される恐れは否定できない。

 

そこで、厳格な解釈を迫り共謀罪から会社、市民を守る解説書を現代人文社で発行した。編著者は私を含む3人。

その出版を記念する集会が共謀罪対策弁護団主催で施行日の来月11日午後6時半から文京シビックセンター4階シルバーセンターホールで開かれる。

共著者による解説、編著者3人の執筆秘話などを予定している。

|

« TOC条約締結で犯罪人引渡を受けられるか | トップページ