« 共謀罪が思想信条の自由を侵害する | トップページ | TOC条約締結で犯罪人引渡を受けられるか »

2017年6月22日 (木)

忖度だけで進むわけがない

首相の側近や内閣府が勝手に忖度して手続を進めることはあり得ない、という趣旨の530日付ブログを書いた。「首相の意向がない限り、動きようがない。」とも書いた。

現在大騒ぎになっている加計学園問題は、総理の意向に基づくものか否かが最大のポイントである。総理の意向を確認することなく、その側近や官僚が忖度だけで動こうとすれば、あとでこのような大問題として騒がれるリスクを負うことになる。「李下に冠を正さず」ともいわれる。だから勝手な忖度などできない。それは安倍内閣そのものの危機を招きかねない。そうである以上、総理本人の意向を確認しないでことを進めることは絶対にできない。

従って、本件は、必ず総理と協議しないでは進められない。総理の意向そのものに基づくものであり、萩生田官房副長官や山本地方創生担当相発の動きではあり得ない。総理を先頭とする「共謀共同正犯」である。

それは常識ではないか。なぜ、メディアはもっと断定的に報じないのか。「言い分が食い違っている」というに留まるのではなく、彼らの言い分はウソであると明確に報じないのか。

文科省のトップは、内部文書の存在は認めたが、そこで記載されているのは「不正確だ」など言っているようだが、どこがどのように不正確かを具体的に指摘しなければ反論にならない。というか、そのようにその上から言わされているだけだと、どうしてはっきり報じないのか。

ことは萩生田副長官に留まる問題ではない。必ず総理に直結する。子供が見てもわかる茶番劇が進めは進むほど、この国は墜ちるところまで落ちていくのか。

|

« 共謀罪が思想信条の自由を侵害する | トップページ | TOC条約締結で犯罪人引渡を受けられるか »