« キューバ行 | トップページ | 共謀罪の主体は個人 »

2017年2月 6日 (月)

近藤晋プロデューサー逝く

NHK大河ドラマ「黄金の日々」「山河ゆく」などの名プロデューサー近藤晋さんが亡くなられた。

私は、日本テレビ「ザ・ワイド」コメンテーター仲間の市川森一さん(当時・脚本家協会理事長)から近藤さんを紹介され、日弁連製作映画「裁判員~決めるのはあなた」のプロデューサーになっていただいた。監督石橋冠、脚本監修市川森一、主演石坂浩二といったそうそうたるメンバーを揃えてくれた。

映画では裁判員の数を7人にしていいか、裁判所の法廷を評議の場として使っていいか、など近藤プロデューサーからいろいろと相談され、知恵を出し合い、完成させたことを思い出す(拙稿「ドラマ『裁判員~決めるのはあなた』はこうして作られた」日弁連「自由と正義」20038月号)。

有楽町読売ホールでの試写会には、当時の最高裁判事、森山真弓法務大臣、国会議員ら大勢が見に来てくれ、会場は満員となり、熱気に包まれた。マスコミにも大きく報道された。

この映画のおかげで、当時、裁判官3名、裁判員2名というとんでもない「裁判員制度」が決まりつつあった国会情勢が引っくり返され、現行裁判員法の裁判官3名、裁判員6名となったと、複数の国会議員、最高裁関係者から伝え聞いた。

近藤さんとはその後も、法律相談などで親しくお付き合いいただき、2014NHKドラマ「紙の月」の法律監修もした。

その近藤さんが亡くなり、市川さんも数年前に亡くなり、寂しい限りだ。

一昨日、カソリック成城教会で葬儀が行われた。それで、近藤さんがカソリック信者であったことを知った。前記大河ドラマに主演した松本幸四郎さんがお別れの言葉を述べた。私は初めて教会の葬儀に参加したが、とても厳粛なものであった。

ご冥福を心からお祈りします。

|

« キューバ行 | トップページ | 共謀罪の主体は個人 »