« 2013年10月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月23日 (日)

「日本は中世」発言したドマ委員が来日する!(1)

昨年5月、国連拷問禁止委員会(ジュネーブ)で、日本の刑事司法を称して、「まるで中世のようだ」と指摘したドマ委員(モーリシャス最高裁判事)が、日弁連の招聘により、いよいよ来日する。

この「中世」発言を捉えて、上田人権人道大使が、日本を代表する最後の挨拶の冒頭に、「『中世』ではない。日本はこの分野では最も先進的な国のひとつだ」と開き直り、会場の失笑を誘い、これに怒って、「なぜ笑う。シャラップ!」と叫び、顰蹙を買ったが、大使は、昨年9月退任した。

来日するドマ委員には、代用監獄、取調べ、死刑、慰安婦問題などについての拷問禁止委員会の日本政府に対する勧告をどう活かすか、お話しいただく。

 

34日午後5時半~8時・弁護士会館171701AB会議室、6日午後0時~2時・参議院議員会館1階講堂→詳細は日弁連HP

 

ところで、法制審特別部会では、相変わらず、時代遅れの審議が続けられている。―

・取調べで供述を得られにくい場合には可視化しなくていい、という例外規定のある法律を作って、どれほどの意味があるのか。

・盗聴法の対象を組織犯罪以外に拡大し、会話傍受まで合法化しようとするのは、証拠を偽造するなどの捜査機関の暴走に対処するために設置されたはずの特別部会の設立趣旨とは正反対だ。

・被告人が公判廷でウソを言えば偽証罪となれば(被告人の証人化)、公判廷では、取調べでの供述調書と異なることを言えば偽証罪とされる恐れがあるから、供述調書と同じ証言をする方が無難という方向に傾く。これでは、供述調書中心主義が一層強まる。弁護人も、偽証罪の共犯になる恐れが出てくるから、供述調書と異なっても真実の証言を、とアドバイスするには大変な勇気がいる。真実の証言をすれば偽証罪になりようがないという建前を言う特別部会の委員がいるが、真実の供述が信用されずえん罪が生まれている現実を全く理解していない。

―こんな法律ができれば、刑事訴訟手続は変質し、一層先祖帰りすることになる。「法制審素案は中世の名残りか」(私の2013616日付ブログ)とますます言いたくなる。

拷問禁止委員会では、多くの委員が、日本では取調べ時間が無制限であり、弁護人も立会わないのはおかしいなどと指摘し、ドマ委員がその多くの委員の気持を代弁するかのように、「まるで中世のようだ」と鋭く指摘したのだが、ドマ委員は、この法制審特別部会の審議をどのように見るだろうか。

|

2014年2月17日 (月)

総理大臣は「指導者」か、「最高責任者」か

安倍総理大臣が、最近、国会で、自分のことを称して、「指導者」とか、「最高責任者」とか言っているようだ。妙に違和感をもつ。

「指導者」とか、「最高責任者」とかいうレッテルは、それらしき地位の者が自分で使う言葉だろうか。周りから言われこそすれ、自ら使った例を知らない。あのオバマ大統領が自ら「指導者」とか、「最高責任者」とか言ったことがあっただろうか。あのヒットラーはどうだったか。

それらしき地位の者が自分で使うとしたら、私は「指導者」だから私に従え、私は「最高責任者」だから私に従え、というニュアンスを伴うだろう。一国の総理大臣が国会でこれを言えば、国民は総理大臣たる私に従え、ということになるのではないか。ここでは、国民は指導される客体となる。これは国民主権の真逆であろう。

そもそも総理大臣は「指導者」か。どんな総理大臣でも「指導者」といえるのか。と考えると、「指導者」とは、その外形的な地位に基づくものではなく、本来は、実質的な概念ではないかと思う。もっとも、それらしき地位にある者の自覚を促すために、周りが、「貴方は指導者なのだから」「最高責任者なのだから」と檄を飛ばすことはあるだろう。

国の「最高責任者」について付言すれば、日本国憲法は三権分立の建前だから、立法の「最高責任者」は衆参両院議長、司法の「最高責任者」は最高裁長官ということになり、行政の「最高責任者」が総理大臣ということになるが、国会議長や最高裁長官が自らを「最高責任者」と称したことがあっただろうか。

いずれにしろ、「最高責任者」といっても一人ではなく、複数いる。「指導者」も同じ。ただ、この人たちも、日本国憲法の基本理念である国民主権を片時も忘れず行動すべきことはいうまでもない。

以上、違和感の理由をいろいろ分析してみたが、どうもすっきりしないことだけは確かだ。

|

« 2013年10月 | トップページ | 2014年3月 »