« 2012年4月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年6月

2012年6月 8日 (金)

東電OL事件再審決定

東電OL事件の容疑者が逮捕されたという報道に接したのは、当時、私が日本テレビのワイドショーのコメンテーターをしていた、その生放送中であった。
午後3時頃のニュースコーナーで、ゴビンダ逮捕の第1報が流れた。
この事件は、東電OLの被害者の夜の行動などで大騒ぎしていたので、警察には
大変なプレッシャーがかかっていることが感じ取れた。
その中での外国人のネパール人逮捕ということで、
しかも、鍵を保管していたというもっとも疑われやすい人が果たして真犯人だろ
うか、警察はあせっている、
もしかして、えん罪ではないだろうか、と直感的に思った。
もちろん、生放送で、「えん罪では」などと根拠なく言えないので、
「この事件は慎重に捜査した方がいいと思いますよ。」という趣旨のコメントし
たことを今でも鮮明に覚えている。

それにしても、DNA検査が当時本当になされていなかったのだろうか、疑問がある。

被害者の胸に付着した唾液とか、血痕付きコートを確定判決まで開示しなかった検察は、証拠隠しと責められても当然だ。

そういう検察であるから、当時DNA検査をしていながら不利な証拠なので、検査していないと言っているだけかもしれない、と疑いたくなる。あれだけ騒がれた事件で、当時、DNA検査もしなかったというのは考えられないことだ。

そろそろ、1審無罪判決に対する検察官控訴を、アメリカのように、禁止する制度を検討すべき時に来ている。

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年9月 »