« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年9月

2010年9月26日 (日)

指揮権発動すべきだった

尖閣諸島沖の事件で逮捕勾留した中国船船長を沖縄地検は釈放した。

検察の判断だとされているが、検察が外交問題まで考慮するというのは、検察の領域を超えている。それは政治(外交)判断である。

実際は、官邸と最高検との協議がなされたものと思われる。事実上の指揮権発動である。関係当局は、表向きそれを否定しているが。

むしろ、内閣が堂々と政治判断して、法務大臣が検事総長に対して指揮権発動すべきであった。指揮権発動とは、このような場合にこそ必要であるから、法制度として存在しているのである。

別に、法務大臣が指揮権発動したからといって、必ず法務大臣がその責任をとって辞めなければならないものではない。今回の場合は、むしろ支持されたであろう。釈放という政治判断が正しかったかどうかは別として。釈放の妥当性については、第一義的には、首相、外務大臣の政治判断が問われるのであって、法務大臣はその内閣の一員としての行動(内閣一体の原則)であるからである。

そうしなかったのは、官邸筋が正面きってその責任をとることから逃げたかったからであろうう。堂々と受けて立って、責任をとる度量と見識がなく、検察に汚れ役を演じてもらったというわけである。そこで検察は、「総合的判断」という曖昧な「裁量権」を行使する形をとらざるを得なかった。まさに、日本的な、あいまいな責任の希薄化、押しつけあいである。

しかしこれでは、検察が政治判断して捜査方針を決めるというやり方がまかり通ることになり、中立・公正を旨とする検察の在り方の根本が揺らぐ。それこそ「国策捜査」の謗りを免れない。

その背景としては、「司法の独立」についての日本の不幸な歴史がある。大津事件である。それ以来、日本人は「司法の独立」にあまりにもナーバスになり、表向きは、金科玉条のごとくとらえてこなかったか。それがために、日本では、「司法の独立」という名の下に、裁判所、検察庁を国民主権の観点からチェックすることがためらわれたのではないか。

司法は、三権分立の一翼であり、三権分立とは、チェックアンドバランスの理念である。司法を国民主権の観点からチェックするシステムは必要である。そのひとつが、法務大臣の指揮権である。

過去、一度だけ行使された指揮権発動が、実は、検察の捜査が行き詰まったために検察側から内々に要請されたものであったという不幸な歴史が重なる。検察をチェックするために錆びついた指揮権発動の見直しを提案する郷原信郎氏の「検察の正義」(ちくま新書)を紹介したのは、本年2月13日付本ブログであった。

厚労省事件で事情聴取された石井一議員(当時、民主党副代表)は、主任検事から、「検事のほとんどは自民党支持者である、政権が長かったために一体感ができている」と言われたという。そういえば、東の小沢、西の石井、と民主党幹部が捜査対象になった。小沢と同様の政治資金規正法違反で自民党議員は事実上不問に付されたが。指揮権という「抜けない宝刀」が錆びついているために、検察を暴走させているといわれている。

この機会に、法務大臣の指揮権発動について、その制度の趣旨に立ち返って、根本から国民的議論を始めるべきであろう。

|

2010年9月23日 (木)

裁判員経験者が初の交流会

9月20日の祭日に裁判員経験者らの交流会が初めて東京で開かれた。この模様は、産経新聞がカラー写真入りで大きく報道したのをはじめ、各紙報じた。

この集いの主催者は市民グループ「裁判員経験者ネットワーク」で、弁護士会で裁判員関係の委員会に属して活動している弁護士や臨床心理士などが中心である。元最高裁判事の浜田邦夫弁護士ら数人の弁護士たちの1人として、私も呼びかけ人に名前を連ねており、参加した。

これまで裁判員経験者同士が集まる場は全くなかった。「裁判員」というネーミングの生みの親の松尾浩也東大名誉教授が、「裁判は『お上』の仕事だとして敬遠していた古い日本は変わろうとしている。裁判員制度は日本の文化になりつつあるように思われる。経験者の方々が交流し、その貴重な経験を語り伝えて下さることは、新たな『文化』の形成に寄与するに違いない。」とのメッセージを寄せて下さった。

裁判員経験者の生の声は大変に興味深かった。

「裁判所は、裁判員を務めている間は大事にしてくれるが、終わったら『はい、さよなら』でがっかりした。」という言葉はいかにも実感がこもっている。「一所懸命やったのに、控訴されたことを知らされないのは、おかしい」といった不満があるのだ。

「同じ体験をした裁判員は『戦友』のようなもの。また会って語りたい。」というのが本音のようだ。

この日の交流会で、、「裁判が終わった後、被告人がどうなるか、気になって仕方がなかった。その思いが自分だけでないと今日わかって、安心した。出所後、更正をきちんと果すまでが裁判だという感覚をみんなもっている。」という感想を漏らされたのが印象的であった。

裁判員制度については、「被告人の人生について考えることによって、人生を2倍、3倍生きられる。」「目から鱗のように、人生の見方が広がる」「今まででの人生経験ではできなかったことであり、自分が変わった」などと、その意義を高く評価していた。

出席していた四宮啓弁護士は、この1年間の裁判員裁判の感想として、「刑事裁判が革命的に変わった。刑事裁判官の意識が、ルールと証拠に基づいた裁判へと、大きく変わった。日本の社会に与えた影響も大きい。社会のことを人々が考えるようになった。海外も、新しい国民とプロとの協同の実験として、米、豪などで注目されている。中国、韓国、台湾などのアジアも注目している。」と語った。

ダニエル・フットさんら学者、マスコミ人、裁判員経験者、弁護士たちが2次会にもたくさん集まり、いつの間にか私が司会をする羽目になったが、最後まで大変盛り上がった有意義な一日であった。

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »