« 「レンタルお姉さん」の記者会見 | トップページ | 裁判員裁判 予想以上の好スタート »

2009年7月23日 (木)

「世界」8月号・足利事件弁護団の論稿を読んで

「世界」8月号に足利事件の弁護人佐藤博史弁護士が書いている。

菅家さんが犯人ではない証拠は数多くあったという。それらが控訴審段階までに明らかにされていたにもかかわらず、DNA鑑定と自白に引き摺られて、有罪が確定した。

弁護団は、大学教授の鑑定書を添付してDNA再鑑定を強く求めたにもかかわらず、最高裁は、「最高裁は事実審ではない」という理由で上告棄却した。法医学鑑定を新たに得て再審を申立てた宇都宮地裁も、簡単に却下した。東京高裁でようやく再鑑定が実現し、再審が開始されることになったが、それまで長い年月を要した。

これらがプロの裁判官の下した結論だったのである。被告人・弁護団の真摯な訴えに耳を傾けようとしない官僚司法の欠陥が露呈しているといえよう。

足利事件はまた、やってなくても自白は簡単に取れるものだということを示した。しかも、公判廷でも、「傍聴席に刑事がいるんじゃないかとびくびくして」途中まで否認もできなかった。代用監獄で、長時間、長期間取調べられれば、誰でもこうなる恐れがある。この自白偏重の日本の歪んだ司法の改革は急務である。国連からも度々改革を迫られているのだ。

|

« 「レンタルお姉さん」の記者会見 | トップページ | 裁判員裁判 予想以上の好スタート »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「世界」8月号・足利事件弁護団の論稿を読んで:

« 「レンタルお姉さん」の記者会見 | トップページ | 裁判員裁判 予想以上の好スタート »