« 江東マンション女性殺人事件でテレビ朝日の取材 | トップページ | 刑事裁判判決後の損害賠償命令制度 »

2009年2月 7日 (土)

第二東京弁護士会の会長選挙

2月6日に行われた第二東京弁護士会(二弁)の会長選挙は、

        投票総数                                                    2091 票

        川崎候補                                                     954 票

        小池候補                                                     718 票

   

      森川候補                             396 票

という結果でした。

司法改革・裁判員制度反対派の得票率が、1年前の日弁連会長選挙では全国平均で4割もあり、押され気味の勢いがあったのですが、今回の第二東京弁護士会の選挙では、396票と、2割弱にとどまったのは、反対派の勢いを止める貴重な成果であったと思います。

今回の選挙が、「たじろがず、ひるまず」司法改革を進める二弁として、日弁連としての推進力になったという意味で、大きな意義があったと思います。

みなさん、ご苦労さんでした。

|

« 江東マンション女性殺人事件でテレビ朝日の取材 | トップページ | 刑事裁判判決後の損害賠償命令制度 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第二東京弁護士会の会長選挙:

« 江東マンション女性殺人事件でテレビ朝日の取材 | トップページ | 刑事裁判判決後の損害賠償命令制度 »