« 言葉の力 オバマ | トップページ | 第二東京弁護士会の会長選挙 »

2009年1月27日 (火)

江東マンション女性殺人事件でテレビ朝日の取材

昨日午前、テレビ朝日の取材を受け、そのインタビューが夕方のスーパーJチャンネルに放映されました。

私は裁判員制度推進派として、対する反対派として高山俊吉弁護士が登場していました。

私は、法廷でのやり取りが傍聴席にもわかることは憲法上の裁判公開の原則に合致し、大変いいことであり、目で見て聞いてわかる裁判員制度の直接主義、公判中心主義の実現を意識したものであるとして、この点については評価しました。

しかし、この事件で実物の写真を200点以上も大写しにする必要があるか、再現シーンを延々と流す必要があるか、という点は大いに疑問である、と述べました。

検察側は真相解明のために必要であると言っているようですが、事実関係に争いがある場合は別ですが、この事件は争いがないのですから、公判前整理手続できちんと整理して、裁判が感情的な場にならないように、配慮すべきであった、と述べました。

そもそも、殺人はどんな殺人であれ、本来残虐なものであり、それをこれでもかこれでもかと残虐さを示す写真を次々と見せる意味がどこまであるのか(直接的には、殺人の残虐さというよりも、死体損壊の残虐さなのでしょうが)。

被害者の許せないという感情は、被害者の証人尋問で証言すればいいのです。

ただ、事実関係に争いがあるケースでは、ある程度やむを得ない場合もあるでしょうが、それは陪審だって同じです。だから裁判員制度をどうするという話にはならないでしょう。

また、裁判員制度になればパフォーマンス合戦となり、劇場型裁判になるのでは、と質問されましたので、それはポイントを強調して冷静に訴えるということであって、感情的になることではない、法廷が感情的な場となってはいけないと話しました。

この夕方のニュースに、私は2回登場しましたが、ポイントを押さえた編集であったように思います。

|

« 言葉の力 オバマ | トップページ | 第二東京弁護士会の会長選挙 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江東マンション女性殺人事件でテレビ朝日の取材:

« 言葉の力 オバマ | トップページ | 第二東京弁護士会の会長選挙 »