« 警察庁の監督制度で問題事例15件 | トップページ | 明るいニュース »

2008年12月31日 (水)

終わりのおわりに

自民党政権が来年は終わりになるという噂がもっぱらである。終わりのはじまりではなく、終わりのおわりになるという。

そこで、いかにうまく生き残るか、懸命に生き残り策を探っているのがいまの状況であるという。

生き残るということは、自民党はなくなっても、国会議員としては残るということである。

議員にとって、自民党はどうでもいい、議員として生き残り、何とか政権党を構成すればいいのである。

権力の一角にある者にとって、最大の関心事は、権力を維持すること、さらにそれを拡大することにある。理念とか、価値観とかは二の次である。

これは政治家に限らない。役人然り。裁判官も然り、といって過言ではないだろう。最大の関心事が出世である。別に非難しているのではない。人間というのは、権力の一角に位置するとそうなるものだという自覚をもってほしいのだ。

だから、出世のためには、推定有罪とする方が無難なのだ。だからこそ、出世とは縁のない裁判員による推定無罪の実現を期待するのだ。

話を元に戻すと、マックス・ウェーバーは、「政治を行う者は、理想的であれ、利己的であれ、何らかほかの目的に奉仕するための手段として権力を求めるか、『権力それ自体のために』権力を欲するものである」(『職業としての政治』)と言うが、自民党議員には後者が多く、特に世襲議員において然りであろう。

自民党の終わりのはじまりは、1993年の細川政権誕生のときだったかもしれない。自民党が初めて野党になった。しかしこのとき細川政権は、「自民党政治の承継」を唱えて政権を構成した。だから何も変わらなかった。もともとは自民党という人たちが、自民党政治の承継を唱えて、自民党政治が変わるわけがない。

次の自民党の終わりのはじまりは、小泉政権誕生のときだったかもしれない。このときは小泉首相は自民党をぶっ壊すと称して、政権をとった。そして郵政選挙で自民党が圧勝した。

つまり、自民党と異なる政党になっても、自民党を壊すとか、変えるとか称しても、従来の議員たちが引き続き権力政党を構成すれば何も変わらないことになるであろう。

今度こそ、どのような政治理念で、どのような議員たちが権力を構成するのか。建前ではなく、真に政治理念で結集してほしい。

裁判官には、憲法、近代刑事司法の理念で裁判をしてほしい。裁判員制度がその契機となることを期待する。

|

« 警察庁の監督制度で問題事例15件 | トップページ | 明るいニュース »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終わりのおわりに:

« 警察庁の監督制度で問題事例15件 | トップページ | 明るいニュース »